2008 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
笑顔の贈り物
2008/12/25(Thu)
仕事から帰宅して
遅い夕食の支度に取り掛かっていた夜の8時過ぎ、
突如、ピンポーン♪とインターフォンが鳴った

ハイ?どちら様・・・?

玄関の扉を開けると、そこには“サンタクロース”・・・じゃなくて
なんと、お隣のプル家のご主人とお嬢さんがニコニコして立っていた

「メリークリスマス!!」
そう言ってご主人が私に手渡してくれたものは
素敵にデコレーションされた 手作りのクリスマスケーキ 

「昨日はありがとうございました。これ、うちの嫁さんが焼いたケーキです。
よかったら食べてください。」
「わぁ~ とってもおいしそう・・・ ありがたくご馳走になりますね!」

ケーキを手渡したご主人が こう続けた
「今 うちではクリスマスパーティしてるんですよ。
あの・・・我が家はもう元気になりましたから(^^)」

リビングのドアの向こうでは さっきから
お客さんが来たことを察したルークがバタバタ暴れていた

「あ、ルークが騒いでる・・・うふふ(^^)」
昨夜、大粒の涙を流していたお嬢さんが
今、ご主人のすぐ側でニコニコ笑ってる

夕べ最期にプルちゃんに会わせてもらってよかったです、と私が言ったら
プルは おとなしく寝てますよ、と笑顔で返したご主人。
そうか・・・そう、寝てるんですよね、みんなの傍で。
それじゃあ 皆さんによろしくお伝えくださいね・・・
私はそう言って笑顔で二人を見送った



とても大事なプレゼントをもらった気分で
いつもの年とは違うクリスマスを迎えた私でした



★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

その後、いただいたケーキを とーさんと息子と3人で食べてみてビックリ!
スポンジのフワフワ感と 甘すぎないクリームと マシュマロとチョコがとろけて・・・
お世辞でも何でもないけど どんなお店で買ったケーキより美味しいのなんの!

プルちゃんのママ!私を弟子にしてください!(笑


いろんな想いを抱えながら
笑顔のサンタがプレゼントをくれました・・・


        メリー・クリスマス 


081224-2.jpg



スポンサーサイト
この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祈り
2008/12/23(Tue)
お隣の家の犬が天国に召されていった

私が下の記事を二日遅れで書いていた今日のお昼過ぎ、
ちょうどその時間頃だったらしい

夕方ルークの散歩から帰った とーさんが
お隣の玄関先に居たご主人から聞いた

家族全員が見守る中、
何かを訴えるように 2回ほど小さく啼いたあと
眠るように静かに逝ったと聞かされた

14年前、生後2週間の小さな仔犬を大事そうに抱えていた隣人の
その気持ちを思うとたまらず
せめて花を・・・と 二人で出向いた

リビングの真ん中に、毛布をかけてもらった彼が居た

此処の家族として生きられた君は幸せだったね
そう言って とーさんが泣いた

そこの家の6年生になるお嬢さんが それを見て
大粒の涙を流した

こんなお利口な犬は見たことないよ
もっともっと長生きして
不肖のルークに いろいろ教えてもらおう思ってたのに・・・
私がそう言うと皆が笑った

小さかった頃のこと
犬が赤いリュックを背負って散歩してたこと・・・
いろんな話をしていたとき

それまで気丈に笑ってたご主人が
「もう一度だけでいいから一緒に散歩に行きたかったな・・・」
そう言って号泣した

冷たくなった犬を囲んでみんな泣いていた


最期に何かを訴えるように啼いたのは、きっと
「ありがとう」って言ったのかもしれないね



ここのところずっと暖かかった仙台で
今日の昼過ぎに降りだした雪 

「きっと “天国に着いたよ”って 教えてくれたんだよ」
そう言う隣人の顔には笑みが戻っていた



プル、ありがとね

最期の日々、歩けなかった分も
思い切り天国で走り回れますように。

安らかに・・・プル。

081223-2.jpg

この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
願い
2008/12/23(Tue)
ルークを庭で遊ばせていたら
お隣のご主人が犬を抱っこして庭に出てきた

081223-1.jpg


お隣のワンちゃん・・・
高齢のせいで 会うたびに弱っていく様子を目の当たりにしてきたので
どうしてるかな・・・と密かに心配していたのだ

「もう歩けなくなっちゃったんですよ・・・」と お隣のご主人。

「・・・」 ショックで言葉が返せない私。
見ると、半月前に会ったときから比べて
半分くらいの大きさに縮んでしまった彼が
ご主人の腕の中で 心細そうな目でこちらを見ていた

・・・正確に表現すれば
声のする方を向いて、宙を仰いでいた、といった様子。
白内障で真っ白になった瞳には、もう何も映っていないようにみえた。
20キロ以上あった体重も今では7,8キロくらいしかないとのこと

甲斐犬とラブラドールのMixのその犬は、我が家の次男と同い年の14歳。
両家がこの地に新居を構えたばかりの14年前、
生後まだ間もない彼が お隣の家族に迎えられた当時のことは
今でもはっきりと思い出すことができる
とても可愛らしくて、とても利発な犬。
我が家でもいつか、あんなお利口な犬が欲しいな、と思っていた。

「もう、水しか口にしないんです。」

「え!?それじゃあ 痩せていく一方じゃないですか・・・
どこか別の病院で栄養剤を処方してもらうことは考えてないんですか?」

お隣さんの かかりつけの動物病院に ちょっとした不満を感じていた私は
つい、そんなことを言ってしまった

「もし他の病院で病気が見つかったとしても
今更苦痛を与えるようなこと(手術等)はしたくないんです。
それにもう、そんな段階じゃない気がするんです。老衰なんですよね・・・
それでも、トイレだけは必ず教えてくれるんです。迷惑かけちゃいけないって
思ってるんでしょうね、きっと。」

微笑みながら そう言ったお隣さんの顔に
覚悟の色を見た気がした私は、それ以上何も言うことができなかった

せめて。
残された日々を、大好きな家族に囲まれて
穏やかに幸せに過ごして欲しいと願う

この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
外犬に!?
2008/12/14(Sun)
20081214165231
20081214165229
20081214165227
あんまり やんちゃが過ぎるので?
ルークは今日から『外犬』になりました。

…ウソです(笑)
庭が大好きなルーク。
ジャバに出られたと思った途端、
“野うさぎ”と化してやたらと飛び回り逃げ回るルークなのでした。
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌
この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
またまた携帯から
2008/12/14(Sun)
20081214123451
20081214123448
今まで使わなかったけど…
モブログって何気にカンタンに投稿出来るのね~!
(気付くの遅すぎ?( ̄ー ̄))
平日は忙しくて今までサボってたけども
(ドライアイで極力PC使用を控えてたし)
なんか目の前が開けた感じがするのは…気のせいでしょうか?やっぱり(*u_u)
この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
相変わらず
2008/12/14(Sun)
20081214120201
マッタリと過ごしています…

かあさんは ここ最近、ドライアイが重症化してパソコンの前に座れない日々が続いており…
ケータイからの送信です。。。
(職場では涙を流しながら仕事をしているアブナイ人になってます
この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。