2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
分離不安、て。
2007/12/22(Sat)
ちょっと気になることがあったので、
久しぶりに動物病院へ行ってきました。

PA0_0041_20071223173515.jpg
気になることというのは・・・コレです↓

PA0_0037.jpg


4.5日前から 左前足のひじの内側が赤くなっていたんです。
はじめの頃は患部も小さかったし、
何所かにぶつけたのかなぁ、ま、そのうち治るよね・・・くらいに
思っていたのですが、赤みは少しずつ広がってくるし
よくよく見ると虫刺されみたいにポコッと盛り上がってるし。
仕事の休みを待って、ようやく今日になって受診したのでした。

今日は初めて訪れる病院。
実は、かかりつけの病院を変えようかなぁと思っていたところ、
先日知り合いになった飲み仲間からココの病院が良いと聞き
素直なワタシは早速行ってみたですよ。
そしたら・・・なるほど信頼できそうな先生で、
とても丁寧に診察していただきました。

で、肝心の症状についてですが、なんとも意外な診断が下りました。
ワタシ的には本当に予想外で、
そしてちょぴりショックなものでした・・・

赤くなった前足は
おそらく自分自身で噛んでいるのだろう、ということ。

先生いわく、
「時々いるんだよね。留守番中に自分の足をガジガジするコ・・・」

よく見ると、左側だけではなく右ひじの内側もうっすら赤くなりつつあって
おまけにお腹にも引っ掻いた傷が。

1週間分の抗生剤と
“愛犬のための分離不安症テスト”というプリントを貰って帰ってきました。

この犬種(JRT)は賢い故に少々神経質な傾向を持つ仔が居て
そういう行動が見られるケースもあるのだと説明されました。

ルークが賢いかどうかは別にして(^^;)
貰ったプリントに書いてある内容は、あてはまるものばかり。

 ・あなたの愛犬は あなたの後をいつもついてまわりますか?
  →ハイ。トイレにまでついてきますとも(^^;)

 ・あなたが家に戻ってくると、過剰に喜んであなたを迎えますか?
  →ハイ。出迎えはいつも「ジャンピング・ボディアタック」です。

・・・ええと。
要するに、溺愛しすぎたワタシが悪いのか?
そ、そうなのか?そうなのか!・・・もしれない、と自問自答。
余計なストレスを与えた責任を痛感しつつ帰宅したのでした。

言い訳になっちゃうのは承知の上ですが、
我が家の場合、どうしても留守番させておく時間が長いので
在宅中はなるべくスキンシップを計ろうとしちゃうんですよね・・・
もしやそれがイカンかったのか?

ダメな事はダメと叱っていたつもりだし
聞き分けのない時はすぐケージに入れてるし、と
それなりに接してきたつもりだったのけれど

・・・なんだか 真面目に考えれば考えるほど
何が正解なのか分からんようになってくる~

貰ったプリントには「分離不安症は薬で治せます」と書いてある。
先生の説明では、
その治療をするなら確固たる意思を持ってやらないといけないと。
短期間で効果が出る治療ではないということでした。
最低でも数ヶ月は続けないと意味がないし
続けても思うような変化が見られないこともあり
根気が要る治療だということです。

そういったことを踏まえて始めるのでなければ
あまり大仰に構えずに少しずつ接し方を改善するに留めるのも、一方だと。

うーん。わからん。
いや、先生の説明は よーく分かりました。
でも、接し方をどう変えていったら好いのかが よく分からなくて。
それでも、何かを試みないといけないのでしょうかね・・・

診察室で。

 ルーク:(バタバタッ バタバタバタッ)クィーン~

 先 生:「・・・(受付に向かって)ちょっと誰か~。おさえててくれる~?
      ・・・(ワタシに向かって)いつもこんなに落ち着きがないの?」

 ワタシ:「は、はい・・・あ、家ではこんなじゃないんですけど。
      外に出るとコーフンして・・・すみません(^^;)」

困ったような先生の表情を見ながら(←気のせい?)
さらに落ち込むワタシ。

ようやく診察が終わり、待合室に戻ると
おとなし~く順番を待っていた他のワンちゃんに向かって早速ガウりまくるルーク。
その、“ガウられる前にガウる主義” どうにかならんの?

ああ。
やっぱり矯正プログラムを考えないとイケナイでしょうか(^^;)
とりあえずは長い目で見てやってください。先生・・・(祈)

診察台の上には暴れルークの抜け毛が雪のように降り
ほかの犬をガウリ倒して真っ白に燃え尽きた男は
クルマに乗り込むやいなや、このような状態になっていました。




手の掛かるコほど可愛いって、言いますし、ね(笑)

PA0_0043.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | ジャックのルーク♂ | CM(9) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
うわ、動きが止まってるルークをはじめてみましたわ。
なんだか新鮮!
2007/12/23 08:28  | URL | riko #PdoZQN3w[ 編集] ▲ top
-  -
お久しぶりです。
ブログ拝見させていただいていたのですが、携帯からのせいかコメントが送信できなくて
^_^;
「ゆめ」も以前同じような事になった事あります。
その時は、お薬のほかにアロマテラピーみたいなものもやってみました。
効果はあったような、なかったような…
新しい病院、「ゆめ」とたぶん同じ病院です。
いつか、あえるといいですね。
2007/12/23 15:29  | URL | てん #-[ 編集] ▲ top
-  -
マリブも分離不安じゃないかって思ったことがありましたよ。
ルーク君早く治るといいね~。
ルーク君が助手席で眠そうにしてるのマリブにそっくり^^
2007/12/24 20:36  | URL | non #-[ 編集] ▲ top
-  -
うちと同じだぁ~o(TヘTo) くぅ
うちはmameもtoraも分離不安症です。mameの方がまだそうでもないような・・・toraはホント!ルークちゃんと同じです!姿が見えなくなると不安になるみたいで、何処にでも付いてきます、、、
私も病院の先生に、「もう少し落ち着かせる訓練をさせた方が良いですよ!」って言われました。
いつもは違うんだよねぇ~
分かる。分かる!!
車に乗るとすぐ寝るし、、、

ホント!何が正解か分からないですよねぇ~
幸いうちは2頭だからお留守番中は2頭で遊んでいるようで、手をガジガジしていないようですが、
でもきっと!toraだけだったら、同じことしてそうです。
抗生剤ですか、、、
私自身薬反対!主義なので、
犬になって!って気がしますが、、、
腕の傷が酷くなってしまうのも考えもんだし、、、
もう一頭飼ってみるのは?
意外と散歩と普段の世話が楽になりますよ♪


2007/12/25 19:38  | URL | mame&tora #IFdljVkg[ 編集] ▲ top
-  -
☆Qooちゃんママへ☆

そーだよねー(^^;)
Qooちゃんと一緒の時は大抵“ハイパー・ルーク”最高潮だもん。
オン・オフの切り替えが極端なヤツなんです~(汗
果たして。
Qooちゃんママにお利口な姿を見せられる日は来るのでしょうか??

☆てんさんへ☆

ケータイからのコメントが送信できない・・・??
それは大変失礼しました!お知らせ戴き感謝です。
早速モバイルテンプレートを変えてみましたが、いかがでしょう?

ゆめチャン同じ病院でしたかぁ。結構丁寧な先生ですよね!
でも薬は・・・今のところあまり効果が無いような(^^;)
病院でお会いすることもあるかも知れませんね。
大騒ぎしている犬がいたら、それがルーク、です(笑

☆nonさんへ☆

マリブ君は結局、分離不安じゃなかったんですね?
私はちっともそんな心配などしたことがなかったもので(←呑気)
結構ショックでした。
ストレスがあるなら取り除いてあげたいけど
急に「素っ気なく接する」なんて、
胸が痛んでとてもできないヘタレ飼い主の私です。
時が解決してくれないかなぁなんて。(←どこまでも呑気)
助手席に限らずルークは、騒いでいるか寝てるかのどちらかなんですよ~(笑

☆mame&toraさんへ☆

ええっ!お宅のお嬢様方も??(分離不安症)
そうでしたか~。JRTって丈夫そうに見えて
案外繊細なのかな~なんて思いますね・・・
いや、本当に皆さんのお話は勉強になります。
「2頭飼」もチラッと考えたことあるのですが
相性が良くないと先住犬にストレスを与えてしまうと
聞いたことがあるので、ルークもまだ小さい今は見送っています。
確かに薬はあまり使いたくないですよね・・・
2007/12/26 18:23  | URL | ルーク♂かあさん #-[ 編集] ▲ top
-  -
ルーク君v-40分離不安症ですか!
でも、プリントの質問^^;こまちもまったく!!同じですが、お留守番は大丈夫です。
うららが居るけど、ほとんど絡らまず、それぞれ一人で、寝て待っているようです。

私は暇さえあれば、
抱きしめv-238ボールを投げて、お腹をさすり・・・ちょっかいを出しています。
いったいv-237なにが??違うのか??
2007/12/28 20:58  | URL | こまちの母 #-[ 編集] ▲ top
-  -
恥ずかしながら,分離不安症という病名??言葉を聞きました・・・・
うちのわんこも,気をつけたいと思います。

いつも,落ち着きがないのは,ジャックですから仕方がないです☆笑〃☆うちはゴンとはくのジャックのオスが2匹いるのですが,はくはホントに落ち着きがないですよ。。。ゴンはお兄さんなので,大人しいですが・・・

前に,ジャックについて調べたら,(活発で,いつも大騒ぎしていないときがすまない)って書いてありました・・・笑
2007/12/29 16:56  | URL | ゴン・はく #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
ルーク君…そうだったんだあ~。
私も分離不安症って、はじめて聞きましたよ。
我が家も日中留守なんですが、今んとこは大丈夫なようです。
気がしてるだけかもしれませんが…
きって「ダイジョウブ」ですよ。うん。

さて、今年もあと1日と数時間。
来年、また、うじゃっくの集いで再会できるのを楽しみに。
また、遊んでくださいねえ~。
よいお年をっ!
2007/12/30 16:03  | URL | メイパパ #j5CNlx0.[ 編集] ▲ top
-  -
☆こまちの母さんへ☆

うららちゃんも、こまちちゃんも
お利口に留守番できて、いいコですね(^^)
ルークのお留守番はサークルの中なのですが
Webカメラで観察する限りでは大抵は寝て過ごしているみたいです。
“何が違うのか”っていわれると・・・
留守番の時間がそもそも違うのかなぁ(^^;)あとは?
分離不安のコは 一緒に居るときの接し方を見直さなければ
イケナイといわれました。出来るだけさらっと接することだと。
でもついつい抱っこしたりベタベタに可愛がっちゃったり
しちゃうんですよねーっ!(笑)


☆ゴン・はく さんへ☆

いらっしゃ~い!!(^^)/
はじめまして。遊びに来てくれて嬉しいです♪
ゴン君、はくクン、♂が二匹も!?
それは大変・・・じゃなかったですか?
私はルークが初めてという新米飼い主なのですが
諸先輩方にいろいろと教えていただくことも多く
とても有難く思っています(^^)
ジャックを飼うということで、ある程度は覚悟していたつもりなのですが、想定外のことも多くて(笑)いろいろとお知恵をお借りできると助かります!
よかったらまた遊びに来てくださいね♪

☆メイパパさんへ☆

「分離不安症」って、よく「犬の飼い方」みたいなハウツー本に
そんなことが載っていたのは知っていたのですが
まさか自分の犬がそれに合致するとは・・・思わなんだです(^^;)
もちろん私の接し方にも原因があったりするのかもしれないですが
そのコの性格・性質によっても、そういうこともあるのかなぁと思ったりしています。
なので、出来るだけ飼い主に依存しないために素っ気ない態度で接するように!と言われても あまり極端にはしたくないなぁと思ったり。
出来る範囲で見守ってあげたいと思っている今日この頃です(^^)

こちらこそ来年もまた、うじゃっくの集いで再開できることを楽しみにしています。
良いお年を!!
2007/12/30 22:56  | URL | ルーク♂かあさん #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://luke120.blog110.fc2.com/tb.php/89-5bb55a79

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。